宇都宮市の吉田行政書士事務所です

保育所開設のコンサルタントって?

保育所開設のコンサルタントって?

インターネットで「保育所 開設」「保育園 作る」など検索すると
割とよく上位に検索結果で表示される保育所開設のコンサルタントや
保育園経営のフランチャイズシステム。
これらと行政書士に依頼して開設することはどう違うのかご説明いたします。
本来、コンサルタントやフランチャイズシステムは「こういう場所に作ればこれぐらい売上があります」
というようにお客様に売上見込みや収支計画などを明示する必要があるはずですが、
認可外保育施設経営のコンサルタントやフランチャイズは見通しが甘い傾向があるようです。
行政書士の場合、行政情報を手に入れて分析したり、行政と交渉することは得意中の
得意ですからもし「保育施設を作りたい」というご依頼があれば設置予定自治体の担当者と
きちんと話し合いをして役所から「これくらいの見込みがある」「だからこれぐらい保育施設を供給したい」
「だからこの施設を作ることは出来る、あるいは作ることはできない」というような
極めて精度の高い情報を手に入れることができます。
そしてそのことを依頼者に伝えた上で依頼者の判断を仰ぐことができます。
これらはただのコンサルタントやフランチャイズシステムにはできないことです。
また、このことでわかるようにコンサルタントやフランチャイズシステムにおまかせするとしても
肝心な行政への手続きは全て自分で行わなければなりません。行政書士に依頼すれば
施設設置のためのコンサルティングから行政手続きまで全ておまかせすることができます。
さらにフランチャイズシステムの場合什器やチラシなどが全て指定されていたり、
運営方針が画一的だったり依頼者様の考えとはずれてしまうことも多いと思われます。
行政書士に依頼すれば依頼者様の想いが反映された保育施設を作ることも簡単にできます。
このように自分の思いを込めた保育施設を、できるだけ行政との煩わしい手続きをせずに
開設したいのであれば行政書士へ依頼するほうが良いと思われます。

お問い合わせ

PAGE TOP