宇都宮市の吉田行政書士事務所です

保育施設開設許認可・届け出

保育施設の開設許可

民間の保育施設には認可保育施設認可外保育施設があり、
それぞれ自治体によって許可の基準が定められております。
認可保育施設は施設の面積や建物の構造、保育士の数等規定が定められており、
実質的には自治体の協力を得て認可を得て設置されます。
公立の保育施設を補完する目的で設置される場合がほとんどであり、
保育料や利用者については自治体が決めますが
自治体から補助金を得て運営することができます。
認可外保育施設は地方自治体の定める基準に沿って運営し、
自治体の監査を受けなければいけませんが、
補助金が出ない代わりに利用者や保育料を保育施設側が
自由に決めることができます。
認可外保育施設であっても小規模保育企業主導型保育であれば
前者であれば自治体、後者であれば公益財団法人児童育成協会から
条件に合えば補助を受けて開設、運営することができます。

報酬について

認可外保育施設の届け出 100,000円から
認可保育施設の許可申請 360,000円から
法務顧問料        月30,000円
※あくまでも目安でありご相談の結果お値段が上下することがございます。
※ご相談の後に相談内容を元に見積もり書を発行いたします

お問い合わせ

PAGE TOP