宇都宮市の吉田行政書士事務所です

放課後デイサービス開設についてのQ&A

放課後デイサービス開設についてのQ&A

Q「サービス管理責任者」の要件について教えて下さい
A  サービス責任者は(1)資格と実務経験(2)研修受講要件の2つの要件を満たすことが必要です。
    サービス管理責任者の求人を行う場合、最も端的に条件を満たしていることを表すと
 「障がい福祉の実務経験5年以上でヘルパー2級以上」となります。
  サービス管理責任者の資格要件は社会福祉主事任用資格、ヘルパー2級以上、児童指導員
  保育士などの「有資格」と、医師や看護師、社会福祉士などの「国家資格」に大きく
  分かれそれぞれ実務経験として必要な期間が異なります。
  また、資格等がない人でも直接支援の実務経験のみで要件を満たすことができますが
  2019年4月に改正されて従来の10年から8年と短縮されました。
  サービス管理責任者は、上記の資格及び実務経験を持つ人間が相談支援従事者初任者研修と
  サービス管理責任者等研修を受けることによりサービス管理責任者として配置することが可能となります。
  資格、実務ともに要件が複雑でわかりにくいので、指定権者、あるいは栃木県で
  研修を主催している「栃木県障害施設・事業協会」に問い合わせるのが不明な点が
  ある場合一番の選択肢だと思われます。

Q「児童発達支援管理責任者」の要件について教えて下さい
A  児童発達支援管理責任者もサービス管理責任者と同様に(1)資格と実務経験及び
 (2)研修受講要件の2つを満たすことが必要です。
  児童発達支援管理責任者の場合、サービス管理責任者より分かりやすい点は
  8年間教員として常勤した経験がある人間であるならば資格要件を満たすことが多いという点でしょう。
  特別支援学校や小中学校の特別支援教室に勤めていれば特に問題なく条件を満たすと思われます。
  しかし児童発達支援管理責任者の要件については非常に細かく、満たす満たさないを
  判断することが非常に難しいケースもあるので詳細な実務経験についてはきちんと
    リスニングをした上でわからない点があれば栃木県であれば指定権者、もしくは
 「栃木県障害施設・事業協会」に研修を受ける条件を満たしているか確認するべきでしょう。
  また児童発達支援管理責任者の場合、サービス管理責任者としての研修を受けた後に
  2年間のOJTによる研修を受け、サービス管理責任者等実践研修を受けないとなることができなくなった
  というのは注意すべき点でしょう。
  今ゼロから立ち上げるとするならば管理者が児童発達支援管理責任者の資格を有してない場合、
  最低でも二年間は別途児童発達支援管理責任者を雇う必要があります。ご注意ください。

Q 放課後デイサービス以外の福祉事業を開業することもできますか?
A もちろんすることができます。生活介護サービス、グループホーム、就労移行支援事業所の開設
   福祉タクシー事業の開業、すべて吉田行政書士事務所にお任せください。

お問い合わせ

PAGE TOP